NGT48 Mobile

フォトログ

真下 華穂

2024.02.11

ゆめへ✉️

ひのと私、3人のリベンジが叶ったあの日から、とうとうこの日が来ちゃったね。
いつか必ず来てしまう日だけれど、未だに信じられていません。

7年前、ドラフト会議が終わってバスに乗っても悔しくて泣き続けていたゆめの隣に、まだそんなに会話をしたことがないのに思わず座って、涙を拭くためにティッシュを渡し続けていたことが蘇ります。

そんな私たちは、新潟で夢が叶ったね。
引っ越ししてきてすぐ、家でカレーを作ったり、怖い話を見たり。
3歳も離れているのに、こんなに気が合うとは思わなかったです。
いっぱいタコパして、いっぱいタピオカ飲みに行ったね。
音楽番組を見る時も一緒で、美味しいご飯を食べる時も一緒で、辛い時も一緒だったね。

PARTYがはじまるよ公演では毎回違う茶番を考えて、誇りの丘公演の自主練をいっぱい一緒にして、逆上がり公演の振り入れは珍しく私がゆめを支えて、夢を死なせるわけにいかない公演では立ち位置が真反対なのにむりやり目を合わせようとしたり、まみむめも公演でやった「アボガドじゃね〜し、、」振り付けを覚えきった瞬間、達成感に溢れたの覚えてる?さめかつなは楽屋からお見送りまでお祭りのように5人で騒いだね。

新曲の振り入れの時は、なぜか必ず近くにいたね。
ダンスを覚えるのが苦手な私は、ゆめにいっぱい頼っていました。
何回も「もういっかい!」って言って練習に付き合ってくれてありがとう。

ゆめ表情、手、姿勢、パフォーマンス全てが大好きでした。もちろん顔も。
ゆめのダンスを真似しようとめっちゃ見てました。
3つのユニット公演を掛け持ちして、全てのセトリを組んでフォーメーションを作って。
もちろんダンスも私にいっぱい教えてくれて。
アイドルも構成もできてかわいくてスタイル良くて頭も良くて、私が欲しいもの全部もってて、うらやましかったです。
それぐらい、アイドルとして尊敬していました。

次会うときは、カラオケでNGTの曲歌って踊ろう。
私たちにだけ分かるくだらない話をいっぱいしよう。
3年後も、5年後もずっと同じ話で笑い合おうね。

卒業おめでとう。一緒に夢を叶えてくれてありがとう。
これからは別々の道だけれど、お互い1番輝いている姿でまた会おうね!

NGT48 曽我部優芽ちゃんの大ファンでした。
NGT48 真下華穂より